婦人

高血圧がもたらす病気|食事は健康を保つバロメーター

減塩が大切です

食事

日本人は塩が大好きです

高血圧は、脳こうそくや心筋こうそくなど、命にかかわる病気の原因になります。このため、食事と生活習慣の見直しによって治療する必要があります。食事の見直しで大切なのは、まず塩分を控えるよう心がけることです。日本人は塩気が多い食事を好むと言われています。食事に塩を振る量を抑えるだけでは意味がありません。味噌や醤油などの伝統的な調味料にも、大量の塩分が含まれているからです。食事全体の味付けを薄味にすることが必要になります。また、カロリーを抑えることも大切です。肥満は血圧を上げる要因になるからです。飲酒も控えた方がよいでしょう。完全に酒を断つ必要まではありませんが、毎日大量にアルコールを摂取することは高血圧を助長します。医師とも相談しながら、節度ある飲酒を心がけるようにしましょう。

ストレスなくできます

塩辛い食事が好みの方にとって、減塩はストレスになります。せっかく高血圧を治して健康な体を目指すのに、ストレスが原因で他の病気を発症しては意味がありません。ただ、最近は、塩分を抑えながらもおいしく味わえる高血圧用のメニューがたくさん考案されていますので、心配はいりません。酢やかんきつ類、カレー粉や唐辛子などを使って味にメリハリをつけるのが特徴です。最初は物足りないかもしれませんが、次第に肉や魚、野菜、穀物といった食材が本来持つおいしさが感じられるようになります。どうしても、濃い味付けがあきらめられないという方には、味付けは変えずに、塩分の高い料理の量を減らすことをお勧めします。たとえば、味噌汁や漬物の量を減らし、白米の量を増やすだけでも、ずいぶんと減塩につながると思います。