女性

高血圧がもたらす病気|食事は健康を保つバロメーター

減塩が大切です

食事

高血圧の治療には、食事の塩分とカロリーを減らすこと、節度ある飲酒を心がけることが大切です。減塩にはストレスが伴いますが、最近はおいしい減塩食メニューも考案されています。どうしても濃い味付けが好きな方は、漬物など塩分が高い料理の量を減らす形で減塩に取り組むとよいでしょう。

もっと読む

塩分と食べ過ぎに注意

お米を持つ人

高血圧には食事療法が重要です。基本となるのは減塩で、出汁をきかす、加工食品は避ける、汁物や麺類は一日一杯以下、洋食メニューも取り入れる、スパイスや香味野菜を使うなどの工夫が重要です。また、肥満も原因のため食べ過ぎにも注意が必要となります。

もっと読む

血圧を下げるための食事

和食

減塩と適切なカロリー

血圧を上げてしまう大きな要因の一つとして、食塩(塩化ナトリウム)の摂りすぎがあげられます。特に日本人は塩を多く使った濃い味付けが好みな方が多いため、高血圧を患う事が多いとされています。よって、常日頃から減塩を意識して生活をする事が必要となってくるのです。しかし、減塩を意識しすぎる事で食事の際にストレスを感じてしまうこともあるので、徐々に塩を減らしていって減塩に自身を慣れさせていったり、味付けに工夫を施して食事を楽しめるような方法をとるのが良いでしょう。また、必要以上にカロリーを摂りすぎるのも、塩分の摂りすぎと同じくらいに高血圧の原因となります。減量することで血圧が下がることもありますので、適度なカロリー摂取を心がけて下さい。

おすすめの食材や料理

高血圧の予防や改善に良いとされる成分の中で、特に人気があり効果も高いとされているのはDHAやEPAと言われています。この二つには血管壁を柔らかくしてくれる働きがあり、血液をスムーズに流してくれるので、血圧を下げる効果があるのです。これらの成分が多く含まれているのは青魚が有名で、特に保有量が多いとされているのはマグロやブリ、サバなどがあります。外食の際も、このような魚がメインのものを選ぶようにすることをおすすめします。また、高血圧の方におすすめの食事として、鍋料理があります。鍋料理は満足感が得られる上に、栄養のバランスも優れているのです。肉中心のものではなく、魚や貝、野菜や豆腐などの具材が良いでしょう。

重篤な症状をもたらす

夫妻

高血圧は血管に多大な負担をかけます。高血圧の状態が続くと動脈硬化や脳出血などの症状が出る恐れがあります。塩分の取り過ぎは血圧を上げる大きな要因になります。減塩された調味料を選んだり、お酢やスパイスで食塩の代替が出来ます。

もっと読む